フリーエリア



スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--

恐るべしスティービ・ワンダーのチャレンジ魂!

Category: 作詞作曲  

恐るべしスティービ・ワンダーのチャレンジ魂!

今年のグラミー賞は、面白かったです。
ラップやヒップホップの連中から文句が出るくらい、ある意味OldschoolなRock&Popsが目立つ受賞結果となりました。

Paul McCartneyは出るは、Ringo Starrは出るは、Stevie Wonderは出るは、Metallicaは出るは……涙もの。
Beatlesのトリビュートライブもあって、もう素晴らしい涙ものの授賞式でした。

その中で、野口がもっとも注目したのは、
最優秀アルバム賞(「ランダム・アクセス・メモリーズ(Random Access Memories)」)など、5つの賞に輝いたフランスのダフト・パンク(Daft Punk)のライブです。
これ以上無いほど見所満載のパフォーマンスでした。

エレクトロポップの王者ダフトパンクに、
若きR&Bの天才、ファレル・ウィリアムス(ボーカル)、
もはやレジェンドのナイル・ロジャース(ギター)、ネイザン・イースト(ベース)、オマー・ハキム(ドラム)、ポール・ジャクソンJr.(ギター)、クリス・キャスウェル(キーボード)……という世界で最も上手いプレーヤー達の共演。
そして、神スティービー・ワンダーも加わります。
新旧ジャンルや国境を超えた歴史的な名演です。



url= www.youtube.com/embed/-SfXIRHbHKU

素晴らしいパフォーマンスでしたね。
あれもこれも 語りたいことが山積みです。

あれもこれもしたい……そんな時はこう考えます。
たとえば、歌詞を考えるとき、長―い恋愛ストーリーのすべてを歌詞に盛込むのは無理なので、どの一瞬、どの場面を切り取って歌にするかが大切! と言いますね。
同じように、このライブでも、どこをフォーカスして聴くか、なにを考えるかで、全く違った情報や感動を得ることが出来ます。
重要なのは、切り取る力! フォーカス力なのです。

……僕は、スティービー・ワンダーの弾いている楽器が気になって仕方が無かったのでした。

ライブの前半、スティービーは何か箱のような物を叩いています。
「あれは何だろう?」「何という楽器だろう?」
「パーカッション?」……
おそらく何千万人が関心を持ったと思います。

答えは、次のYOUTUBEにあります。



url= www.youtube.com/embed/LQtEElCV2lY

Marcodi Musical Products という会社が開発した、
「harpejji」 という楽器でした。
ギターとキーボードのいいとこ取り!
スライドやビブラートのかかるクラビネット的なイメージを持つ楽器。
まさに、スティービーが待ち望んだ楽器ではないでしょうか?

上記の動画で彼は、5ヶ月練習したと語っていますね。
本ブログの<Continue>をクリックして楽器の写真を御覧ください。

面白いのは、弦が全音で並んでいるということです。
白いマークが三つ並んでいる部分が左から♪ドレミ。その右横に、♪ファ#ソ#ラ#が並んでいます。
全音音階ですね。右上に行くと半音上がります。全音音階(ホールトーンスケール)です。

ピアノの場合、コード・フォームは、キーによってすべて違いますよね。
Cmaj7とGmaj7は、指の形が全く違います。
でも、「harpejji」は、ギターのように、コードフォームがキーによって変わらないのです。
Cmaj7とGmaj7も同じ指使いです。押さえる場所が違うだけ!

ソロもバッキングも得意です。
エフェクターをかませば、ギンギンのヘビメタもいけます。
スティービー・ワンダー、60才を越して新楽器に一から取り組むとは、恐るべし!
でも、日本では60万円くらいとか(涙)。

僕らは、常に新しい何かに取り組む勇気と喜びを味わいながら生きていきたいものですね。




 
「harpejji」
「harpejji」
スポンサーサイト
テーマ : 作詞・作曲    ジャンル : 音楽
 2014_04_07

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

野口義修

Author:野口義修
野口義修(のぐちよしのぶ):
作編曲家、音楽プロデュース、著述、ポピュラー音楽教育、携帯/ネット・コンテンツ・プロデュース、イラスト ...... 日本音楽著作権協会会員
■著書:
作曲本~メロディーが歌になる~
歌詞から作曲できるようになる本 (CD付)
CD付き 楽しく学べる作詞・作曲
作詞・作曲ドリル本(CD付)』……
■メール: 本ページ下部のフォームからお送りください。
■ツイッター:
NOGU_YOSHINOBU
■Facebook:
yoshinobu.noguchi1953
■Officialサイト:
http://yoshinobu.noguchi-art.com/
■プロフィール:
Officialプロフィール

■野口義修と作詞作曲を学ぶ塾……
http://作詞作曲自由区/

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア




pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。