フリーエリア




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


親子で歌いつごう 日本の歌百選

作詞家になりたいのなら……
歌詞を勉強しているのなら……
「親子で歌いつごう 日本の歌百選」は要チェック。
→文化庁ホームページへGO
文化庁が一般から公募した歌100作品です。実は、最終選考でどうしても100に絞れず、101作品になったのは、なかなか音楽的(ハートフル)でうれしい結果です。

ここで、ああこんな歌が日本人の心に残っているんだという発見をしてください。
年齢によっては、半分くらいしか知らないという人もいるでしょう。だからこそ、文化庁は「歌いつごう」をキーワードにしたのだと思います。

次に、作詞を学んでいる人は、作者に注目してみましょう。
複数作品を残している人は、偉大な作詞家といって間違いありません。
ネットなどで、その人の作品や人となり(プロフィール)を調べるのもいいでしょう。

そして、歌詞検索サイトなどで歌詞を読んでみましょう。あるいは、YOUTUBEなどで聞ける歌もあります。
時代による言葉の使い方や テクニック テーマなども 勉強になります。

最後に、なぜ これらの歌は多くの人の心に残り ここにノミネートされたのかを考えましょう!
ここが一番重要です。
つまり、心に残るということの意味です。

今、Jポップなどの曲を聴いて「10年後残っている曲はないね!」などと発言している人は大変に多いですね。
ここ20年くらいの間に、音楽業界は激変しました。また、いろいろなメディアのヒット曲に対する取り扱いも変わってきました。 

だからこそ、作り手も歌い手も送り手も 心に残る! というキーワードを常に心に置いて、表現をして欲しいと思います。

そのヒントが、これらの 実際に心に残ってきた歌の数々の中にあると思うのです。

発見や ご意見があれば ぜひ コメントしてくださいね! お教えください!
AMAZONで全曲入ったCDを見つけました。 お年寄りへのプレゼントにも良いですね。



野口義修と一緒に作詞作曲を楽しく、自由に学びませんか? 
→お問い合わせは作詞作曲自由区まで←クリック!




テーマ : 作詞・作曲    ジャンル : 音楽
 2014_04_23


2014年春 洋楽が今熱い! 世界が注目するこの曲


2014年4月NOW、 アメリカ発で世界が注目する曲があります。
まずは、全米チャートで8週連続ナンバーワンを獲得中のファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)の大ヒット・シングルHappy

ファレル・ウィリアムスHappy」、まずは聞いてみましょう。










このオフィシャルの動画は、なんと2014/04/20現在で、なんと1億9000万回の再生です。
歌詞の内容は、「幸せ(Happy)なら手を叩こう」という、どこかで聞いたことのあるコンセプト!


もとは、アニメ映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』のテーマ曲として発表されたものですが、
最初は、ラジオのオンエアもなく全くヒットしなかったそうです。
しかし、上記の動画や世界で1番長い世界初の“24時間ミュージック・ビデオ”
……というコンセプトのサイトなどで、楽曲の素晴らしさや踊りの楽しさが伝わり、
お化けヒットにつながりました。
世界中で「Happy」を踊ってみた的な動画がアップされています。
先日、ファレル自身がTVのインタビュー番組で、それらの動画を見ながら、感動して男泣きしていました。
ファレル、いい人!! 










30秒くらいからが、投稿ビデオを観る場面。


踊りの楽しさや動画のインパクトなどが、今後のヒットの大きな大きなキーワードとなるのですね!


さて、ファレルは、
先日の2014年第56回グラミー賞最優秀アルバム(Album Of The Year)に輝いたダフトパンクの『ランダム・アクセス・メモリーズ』にボーカルとして参加<コラボレーション>しています。
まさに、今、最も乗っているアメリカの音楽プロデューサー&シンガーソング・ライターといえます! 










帽子のシンガーがファレルです! カッコ良い!!



野口義修のオフィシャルサイトに HAPPYの曲作りの秘密を 掲載しました。

→ 野口義修のサイトへGO
野口義修と一緒に作詞作曲を楽しく、自由に学びませんか? →作詞作曲自由区


テーマ : 作詞・作曲    ジャンル : 音楽
 2014_04_20


作詞をするなら 言葉のアクセントに 気を配ろう!

詞先の作詞なら 作詞家先行でメロディー作りが進むので 歌詞のアクセントうんぬんも あまり 必要ないですが、
メロ先の作詞の場合、メロディーに合わせ歌詞を乗せるので、言葉のアクセントに気をつけることが重要です!

で、明らかに方言SONGを意識する以外は メロディーに合わせて標準語のアクセントで詩を書きます。

案外、ここで出身地のアクセントが出てしまうのです。
以前、本の原稿で書いた話ですが、僕の場合、名古屋アクセントが身に染みついています。
コッは正しいアクセント(大文字がアクセント位置)ですが、
僕の場合
ップという発音で育ちました。
なので、
NHK「おかあさんといっしょ」の「そーっと・そっと」という曲で、
ップに合わせてメロディーを書いてしまったのです。
当然、NHKからはNGを頂きました。
その時、30才過ぎでしたが、
愕然としました。 僕の知っているップは 
実は、コッが正しい発音だったとは!!!

NHKは、メロディーを直してくださいとオーダーするし
僕は、メロディーを変えたくないと思うし……。
その時、NHKのプロデューサーさんが、 野口さんップにしましょう!
そうアドバイスをくれたのです。無事、それでOKとなり、発表後30年近くたっても 現役の人気曲となっています。
このようにアクセント一つが、楽曲の生命線にもつながっているのですね。

アクセントに自信が無い方は、下記の辞典があります。

また、ネットにも……
 「日本語教育用アクセント辞典」というアクセントを調べられるサイトがあります。

しかし、最近は CMsongでも アクセントが むちゃくちゃな作品が多いです。

肝心要の商品名や会社名ですら、違和感のあるアクセントでメロディーが付けられていたりします。
逆に、それで インパクトを与えているという場合もあるかもしれません。
本社が関西で、非標準語アクセントが正式なのかもしれません。


<追記>我が先輩、伝説のネーミング・ライター 岩永嘉弘先生は、名前を付けるという立場から アクセントの問題をどう考えていらっしゃるか、ぜひ 伺いたいところです。 →ロックスカンパニー

基本的には、詞曲はARTですから、作者が良いと思う方向で正解なのですからね。
前記のNHK(ETV)などは、教育目的が根底にあるので、厳しくならざるを得ないのです。

一昨年、出版した歌詞から作曲できるようになる本<リットーミュージック刊>……には、歌詞とメロディーの関係を詳しく書きました。

さて、そこで簡単にアクセントを調べるサイトを見つけました。
日本語教育用アクセント辞典
アクセント辞典や学習教材として利用可能なアクセント集のサイトです。 上記サイト名をクリックで御覧頂けます。

そのサイトに、こんなの()があって 名古屋出身の自分は笑いました。
方言

では、またよろしくお願いいたします。 野口義修
野口義修と一緒に作詞作曲を楽しく、自由に学びませんか? →作詞作曲自由区




テーマ : 作詞・作曲    ジャンル : 音楽
 2014_04_18


♪ソドレミ~~

ちょっと 間が空いてしまいましたが、前コンテンツ<メロディーの不思議>について解説しますね。

♪ソドレミ~ではじまる楽曲は、大変に多く、数え切れない楽曲が♪ソドレミ~(移動ド読み)で始まっているのです。
大昔にTV番組「題名のない音楽会」でこの話題を特集していました。当時の司会は、黛敏郎さん。

黛さんは、もっともらしく(笑) 下記のように解説をしていました。
「ソからドは、その調の属音(第5音)から主音への動き。完全4度上行の強力なメロディーです。」
「ドからレは、その調の長音階の最初の2音。ソ→ドと飛び上がったメロディーが、勢い余ってレに突入したとも考えられます。」
「レからミは、主和音のドミソで考えましょう。レという非和声音では不安定です。ミに上がることで安定感を得ます。」

……的な解説でした。おそらく30年以上も前の話です。

実際、♪ソドレミ~を探すと山ほど出てきますね。
NHK・衛星第2テレビで放送されていた音楽バラエティ番組『どれみふぁワンダーランド』で、「ソドレミアワー」として♪ソドレミ~で始まる曲を紹介していたようですね。

皆さんも、一度、♪ソドレミで あるいは ♪ミラシドで メロディーを作ってみませんか?

前記したようにハ長調に限らず、移動ドといって、それぞれの調における♪ソドレミ~で考えます。
また、短調にした♪ソドレミb~(♪ミラシド)のメロディーもOKです。
♪ソドドドレレレミ~のようにダブらせるのもOKです。


ネットで調べてみますと……まりんきょさんという方が、♪ミラシドについて、細かく調べていらっしゃいました。
リンクを貼らせて頂きます。


テーマ : 作詞・作曲    ジャンル : 音楽
 2014_04_15


メロディーの不思議 6曲を聴いて発見はなに?





それぞれタイトルは、
左上から、
「千の風になって」「You Are My Sunshine」「赤とんぼ」
左下に行って
「ビートでジャンプ(The 5th Dimension)」
「グッバイマイラブ(アンルイス)」
「New(Paul McCartney)」
……です。
この6曲から何か発見がありましたか? 
テーマ : 作詞・作曲    ジャンル : 音楽
 2014_04_09



05  « 2018_06 »  07

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

野口義修

Author:野口義修
野口義修(のぐちよしのぶ):
作編曲家、音楽プロデュース、著述、ポピュラー音楽教育、携帯/ネット・コンテンツ・プロデュース、イラスト ...... 日本音楽著作権協会会員
■著書:
作曲本~メロディーが歌になる~
歌詞から作曲できるようになる本 (CD付)
CD付き 楽しく学べる作詞・作曲
作詞・作曲ドリル本(CD付)』……
■メール: 本ページ下部のフォームからお送りください。
■ツイッター:
NOGU_YOSHINOBU
■Facebook:
yoshinobu.noguchi1953
■Officialサイト:
http://yoshinobu.noguchi-art.com/
■プロフィール:
Officialプロフィール

■野口義修と作詞作曲を学ぶ塾……
http://作詞作曲自由区/

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フリーエリア




pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。